デザインを作ってから業者に依頼しよう

印刷物

多くの情報を伝えられて、プライバシーを守るためにも利用できるのが圧着ハガキというアイテムです。とても便利なのですが、普通のハガキのようにパソコンとプリンターがあれば作れるというものではありません。しかし、現在では圧着ハガキを印刷してくれる業者が存在するため、誰でも簡単に手に入れることが可能なので安心しましょう。インターネットを探せば、圧着ハガキに対応している印刷業者がいくつも見つかるので、すぐに望み通りに品物を作れます。なお、印刷業者に頼むためには、内容を作っておく必要があるので用意してから依頼しましょう。普通のハガキとはレイアウトが異なるので、面積が広いことを考慮したうえでデザインすることをおすすめします。

注文数が多くなれば安くなる

圧着ハガキを印刷してもらう場合、基本的には注文する数が多くなれば多くなるほど安くなります。普通のハガキよりも圧着ハガキのほうが高くて、利用するかどうか迷っている方もいるでしょう。印刷業者によっては、かなりの大量注文割引を行っているところがあるので、調べてみることをおすすめします。なお、自動見積もりが用意されている場合は、積極的に活用してみましょう。どのような圧着ハガキにしてもらいたいか選び、注文数を選択すれば、自動計算ですぐに見積もりが表示されます。圧着ハガキの条件や注文数をいろいろと変更してみて、自分たちの希望に合った金額を見つけてから注文すれば、損をすることはないでしょう。

入稿がとても簡単

圧着ハガキに印刷するデザインは、印刷業者に届けなければいけないので、手間がかかってしまう場合があります。しかし、インターネット上で営業する印刷業者なら、アップロード入稿が用意されているので手間はほとんどかかりません。アップロード入稿用のページを開いて、そちらにパソコンの中にあるデザインのデータの場所をしていて、送信ボタンをクリックするだけです。ただし、圧着ハガキの印刷部分に収まるように、サイズや解像度などの指定がされている場合があるので、使い方や利用ガイドなどの説明にはしっかりと目を通しておきましょう。なお、普通のハガキを印刷してくれる業者の中には、デザインもやってくれるところがあります。それと同じように圧着ハガキの場合も、デザインを行ってくれるところがあります。もしも、初めて作成するため、どのようにデザインすれば良いか分からないなら、印刷もデザインもやってくれるところに頼むと安心できるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中